ブログタイトル

ハワイでの英会話(引越しで思ったこと)

}

ハワイでの英会話

引越しの準備をしていますが、その過程で、電気や住所変更の申し込みがなんでもネットで済ませられるって書きました👇

ハワイでの引越し 住所変更届と電気契約、ネット申し込み - ハワイの虹の端っこで

 

ホントこっちに来て大抵のことはネットで済んでしまいます。問い合わせが必要な場合でもほとんどメールで済むし。

でもこれじゃあ、英語を話さなくても大抵のことはできちゃうので、上達する機会が少ない気がする。逆に言えば話せなくても暮らしていけちゃうんです。

 

しかもハワイだと職場は日経企業を中心に英語不要の職場も多いし、レストラン日本語のメニューが出てくるし、ショップでも日本語で価格や説明のポップがある。

インフラ関係や諸手続きといった生活に関わることまでまでネットでできるとなると逆にしゃべる機会が少ないんですよね〜。

 

家の契約も保険関係も契約は日本人のエージェントにやってもらったし。

保険会社は凄くて、ある日保険会社のHPにログインできなくて、仕方なく電話で問い合わせたら、オペレーターの方から通訳を入れますと言われ日本語通訳が登場して3者通話に。んで問題解決しました。すごいなーってあっけにとられました。

 

病院も保険会社の指定病院は事前予約しとけば通訳つけてくれるんです。これはありがたいですよね。病状の説明や先生の治療のアドバイスなど勘違いしたら危なですもんね。保険適用外とか言われも「やーやー」とか適当に答えて高額請求がきたら洒落になりませんもんね。

 

唯一例外なのは、学校関係かなぁ。娘の現地校からは容赦なくたくさんの連絡プリントがくるし、オフィスでのやり取りも英語だし。でも学校とのやりとりは妻が頑張っているので、私は送り迎えで遅刻した時にオフィス行って「とらふぃっくじゃむ」って言いに行くだけだけど💦

 

でもハワイって公園とかでぼうっとしてたり、マックでご飯食べてたりしてると結構みなさん話しかけてくるんですよ。「日本人か?どっから来たんだ?」とか。エレベーターなんかめっちゃ話しかけてくる。「天気いいね」とか「最近どう?」とか。

 

f:id:kennobuyoshi:20180221045124j:plain

 

でもこれが一番鍛えられます。いつも「あー、ああいえばよかった」って思って、家に帰って妻と言い方について話し合うんです。

 

で、あるときこれって無料で英会話教室に通っているようなものだ!って思ったんです。それから気持ちを入れ替えて話せる機会があるときは積極的に話すようにしてます。

 

この前いつも行く図書館で、私は英語の勉強用に日本漫画の英語版をいつも借りるので、司書の人に「漫画好きなの?」って聞かれたのでそこから色々な雑談をしました。

 

また、別の日にはその人から「君の名前と同じ名前の友人がいるんだけどいつも呼び方を違えるからコツを教えて」と思ってもない質問を受けたり。

 

地元の顔見知りができると「次に会ったらこういうふうに話しかけみよう」とか思って勉強するので、英語嫌いの私でも「こういうのって楽しいな」ってやっと思えるようになりました。

 

引越ししたら周りの住民も変わるからエレベーターで会う人も変わるし、行きつけの店も変わるだろうから、新たな会話の機会もあると思って楽しみです。今度は戸惑わずに最初からコミュニケーションとりたいなって希望に燃える今日この頃です。

 

というわけで、また。まはろー