ブログタイトル

7年に一度咲くという花を見ることができるか!?IN ハワイフォスター植物園

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

 

今日から小学生の娘は春休み。来週の月曜までお休みです。

 「休みの間どうしようかなー」と考えてたら妻からビッッグニュースが。

 

「ホノルルのフォスター植物園で7年に一度しか咲かないという花が明日開花するらしいよ!」」とのこと。

 

言われてはっと思い出した。記憶が確かなら、数年前フジテレビの『とくダネ!』であまたつが神代植物園でそんな数年に一度度咲く花が咲いたってレポートしてた記憶が。

なんだけっけ、コンニャクがどうのとかいってた気が。臭い花なんだよね、確か。

 

まぁ、百聞は一見にしかず。見に行けばわかるさということで春休みの娘をつれて行ってきました!

 

フォスター植物園

f:id:kennobuyoshi:20180320113313j:plain

 フォスター植物園、正式名フォスター・ボタニカル・ガーデンはホノルルのダウンタウン方面にあります。ハワイ出雲大社の近くです。

 

基本的に年中無休(クリスマスと元日は閉園)9時〜16時の開園です。

料金は大人5ドル、子供(6〜12歳)1ドル、5歳以下無料です。ハワイ在住者は3ドルで入れます。

 

 

さぁ、咲いてるかな???

お昼を家で食べてから水筒、おやつを持っていざ娘と植物園へ!咲いてるといいな。

着いたら早速に入園料を払って「ドキドキだねぇ」とか言いつつ目的の花がある温室を目指す。

 

しかし、園内ガラガラだな。2、3組の家族連れしかいない。咲いてるならもう少し人が来てるんじゃない?地元のテレビとか新聞とか。なんとなく期待薄でハウスに到着。

中に入る。すると、なんと・・・。

 

 

咲いてねー!

f:id:kennobuyoshi:20180320112530j:plain

 

がっくし・・・。っていうか咲く兆候も見られないじゃん。まぁ、どんな感じで咲くのか知らないから兆候さえわからないんだけど。

この花はショクダイオオコンニャクというそうだ(詳細は以下に)

 

しかたがないので、諦めて娘と園内の散策へ。

お花が咲いてたり👇

f:id:kennobuyoshi:20180320112617j:plain

 モジャモジャな木があったり👇

f:id:kennobuyoshi:20180320112508j:plain

でかい木があったり👇

f:id:kennobuyoshi:20180320112515j:plain

 娘は初めてだったので、結構はしゃいでいた。冒険だ!とかなんとか言って。使ってないデジカメを与えたので、喜んでパシャパシャ撮ってる。

咲いてないのは残念だけど、娘が楽しそうだからまぁいいか。

帰りにお土産屋さんも寄りました👇

f:id:kennobuyoshi:20180320112523j:plain

けっこうおしゃれな品揃えで楽しめました。店の方がとってもやさしいです。

 

帰りに駐車場で野良猫が鳥を捕まえる瞬間に遭遇!なんてワイルドな世界。

f:id:kennobuyoshi:20180320112610j:plain

 

ショクダイオオコンニャク

 咲いたとこが見れなかったけど、興味が湧いたのでこのコンニャクについて少し調べてみました。

 

ショクダイオオコンニャクは別名スマトラオオコンニャクともいわれるとおり、インドネシアスマトラ島に自生しています。7年(数年)に一度、しかも2日間しか咲かないそうです。漢字で書くと「燭台大蒟蒻」。なんか漢字だと凄みが増しますね💦

他にも別名として花の匂いが腐った肉の匂いがすることから死体花 (corpse flower) と呼ばれたり、お化け蒟蒻と呼ばれることも。最後の「お化け蒟蒻」だけなんかとってつけたような名前だな。本当に呼んでる人いるのか?

 

学術名はAmorphophallus titanum。英名ではタンタンアルムと呼ばれています。私はタイタンアルムってグーグルで調べたらなぜかトップに競馬の馬が出てきて笑った👇

タイタンアルム | 競走馬データ - netkeiba.com

 

経歴を見ると、3歳新馬戦で横山典弘が騎乗で一番人気。しかし5着でその後、未勝利戦を重ね、地方競馬でやっと1位になるいう経歴。星のごとくいる競走馬の中では名もなき馬の一頭といってもいいかもしれないけど、こうして偶然見つける私のような人もいるんだよ、がんばったねタイタンアルムと思いをはせる私。

 

話が逸れましたが、この花は『世界一の花』というギネスブックを持ってます。

私は世界最大の花ってラフレシアとばかり思っていました。

f:id:kennobuyoshi:20180320120212j:plain

(写真ーウィキペディアラフレシア - Wikipediaより拝借)

調べたところ、独立した花としてはラフレシアが世界最大。ショクダイオオコンニャクは厳密に言えば花序とそれを覆う仏炎苞の複合体。つまり👇

f:id:kennobuyoshi:20180320114403j:plain

 これらを合体して花と考えれば世界最大とのことだそうです。

 

一応、7年に一回咲くと言われていますが、2015年に小石川植物園ショクダイオオコンニャクが咲いた時は5年ぶりだったそうです。

f:id:kennobuyoshi:20180320120206j:plain

(写真ーショクダイオオコンニャクが小石川植物園で開花 - 特別記事 - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部より拝借)

5年?7年ごとじゃないのかな。きっと自生のものは7年で人の管理下だと栄養とか気温とか手厚く管理されてるので、開花の感覚が短いのかなーと勝手に思ってます。

でも自生でもきっちり7年ごとに咲く律儀なコンニャクはいないよな。まぁ、目安なんだろう。

 

ちなみにこフォスター植物園のものは2年前に咲いているそうです。

んっ?2年前?最近じゃん。幾ら何でも早すぎだろ。なんで妻は「明日咲くらしいよ」って言ってたんだ?どこ情報だったんだろう?

で、調べてたらフォスター植物園ではスマトラオオコンニャクを10株も育ててるんだって。だから今回咲くのは2年前のと違う花ということらしいです。

 

そうか〜納得。でもきっとここ数日には咲くだろうし、もし時間が合えば絶対見に行こうっと。でも今回見れなくても10株あるんだったらいつか見られそうだな。っていってると見逃すんですよね〜。ご縁があるといいなー。

 

ということで、また。まはろー。