ブログタイトル

ハワイで運転免許を取る!その1【基礎知識編】

}

ハワイのオアフ島に移り住んで半年が過ぎました。

 生活に慣れてきたけど、やらないとなーと思いつつ、やっていないことがあります。それは運転免許の取得です。

 

 

 

ハワイでは日本の運転免許でも乗れるよ

f:id:kennobuyoshi:20180418072404j:plain

ハワイでは、日本の運転免許を持っていれば、入国から1年間は運転していいんです。

私もハワイに来て3週目ぐらいに中古で車を買って、毎日ぶーぶー乗っています。

 

で、裏技というか制度的に1年に一度帰国してまたハワイに入れば、入国日が更新されてまた1年間運転可能になるんですよねー。

だから毎年渡ハしてる日本人旅行者も毎回レンタカーに乗れるんですね。

なので私はハワイに来たのが9月だから「まだ大丈夫だ〜」とのんびりしてて、最近では夏に「日本に一時帰国すればまた1年更新される〜」とウダウダしてたわけです。

f:id:kennobuyoshi:20180418074458j:plain

だって筆記試験とか実技試験とか試験って名のつくものは嫌ですもの。

 

でもそんな私に妻が

①運転は問題ないが、ハワイの道路法をきちんと知らない。

👉知らなかったでは済まされません。

②車の保険会社から日本のではなく州の免許番号早く教えろと催促が来る。

👉契約時は日本の免許だとちゃんと伝えた。で、早く州のを取ってねとは言われたけど。

③運転時にいちいちパスポートを持ち歩かなくてはいけない。

👉「入国から1年以内だよ」と証明するため。ちなみに私は日本の国際免許も必ず携帯しているので、たくさん持ち歩くからとても面倒。

と理路整然とした理由を挙げて免許を取るようにモチベを上げてくれる。

 

そこにトドメの一言。

娘を毎日学校に送迎してるんだから、娘のためにちゃんと取った方がいいよ。

そうだよね、ちゃんと州の道路法を学んで州のお墨付きライセンスを取ることは、家族の安全を担うドライバーの努めよのぅ。

 

ということで重くて動かなかった腰をついに上げ、免許について調べることにしました。

 

ハワイ州の運転免許をとるには?【条件】

f:id:kennobuyoshi:20180418072729j:plain

 ハワイ州の運転免許の取得条件は以下の通りです。

①16歳以上

②有効なビザ所持

③ハワイに住んでいる(公共機関からの手紙、納税書類などで証明)

④ソーシャル・セキュリティー・ナンバーを所持している

です。

 

昔は日本人でもハワイ州の運転免許が簡単に取れたというおおらかな時代があったようですが、「見て。ハワイの運転免許。カッコイイっしょ。」という記念受験する人が結構いたので、③や④の条件も増えたとロコの人に聞いたことがあります。

う〜ん。確かにバブルの頃の「カーディガンをプロデューサー巻き」した人種(シースーにルービーの人ともいう)の方々が、言ってたんだろうなぁと妙に納得。

f:id:kennobuyoshi:20180418072509j:plain

 また、以前は学生ビザでもソーシャル・セキュリティー・ナンバー(以下SSN)が発行されていたのですが、現在は学生ビザには発行されないません。学生ビザの場合は「SSNがないけど免許受けたいの」という書類を発行してもらえれば、受けれるようです。詳しくは学校の方に聞いてみてください。

免許取得までの道のり 

f:id:kennobuyoshi:20180418072450j:plain

さあ!いよいよ免許取得対策!

ハワイ州の免許取得までの道のりは仮免取得→免許取得という流れで、仮免取得後、路上に出るという流れは日本と変わりません。

しかしハワイ州というか多くのアメリカの州は、仮免は筆記試験一発のみ。その後は路上試験一発のみ。

 

日本みたいに教習所っていういうのがないのね。試験問題を勉強して試験場で受けるだけ。日本の原付免許と一緒だ。で、試験に合格すればその場で仮免発行。で、次に路上試験を予約して、一発試験を受けて合格したら免許取得。

予約の具合もあるけど実質2日間だけ試験場に行けば取れるのだ。

 

というカウボーイの子供が馬の乗り方をパパンに教わるのと一緒だな。

「運転免許なんざぁ、パパ&ママが教えたらぁ」って感じなんだろうな。

 

でも、いいよね。時間もお金もかからないし。日本の教習所ってほんと時間がかかりますもんね。講義、効果測定、実技、効果測定、再試験。私は日本の教習所の実技教官がは怖くて嫌だったなぁ…。

しかも日本は教習代って凄い高いですよね。教習所って。私は大学の生協を通して申し込んだ覚えがあるよ。それでもすごく高かったのを覚えてる。

 

ということで、んじゃ、まずは筆記試験からだな。

 

ハワイ州の筆記試験

f:id:kennobuyoshi:20180418072732j:plain

実は、ハワイに来る前にハワイの運転免許のことで嫌な情報を得ていたんです。それはある友人からの言葉で

「ハワイの筆記試験って日本語で受けれてたんだよ。でも数年前に道路法が改正されて、日本語で受けれなくなったらしいよ。」

ゔ〜〜。そうなると英語に自信のない私は試験対策に時間がかかるだろうから、それで一応国際免許もとっとこと思ったわけです。

ハワイにいったらすぐ試験問題手に入れて、早めにちょっとづつでいいから勉強していかないとな。と心に誓って出国したわけです。

 

で、実際ハワイに来て調べた結果!

2017年9月現在、日本語での受験可能!

 わーい♪(´ε` ) わーい♪(´ε` )

 

なんか、聞くところによると試験問題が変わって、日本語の翻訳版が出来上がるまでの期間は英語でしか受けれなったようだ。ホントか知らんがなんにせよラッキー!

 

・・・・・・・・・・と喜んでしまって「なら、いつでも受けに行けるからいいや」という気持ちになりあっという間に半年が過ぎ去ってしまったわけです。

 

で、いかんいかんというのは上記に書きました。さぁ、試験対策です。

で、試験問題は全部で171問。ここから30問出題され8割で合格。つまり24問あってればいいわけです。 

 

楽勝、かな?多分💦

 

筆記試験対策

英語版の問題は電話帳の後ろについてたりします。ただ、私が欲しいのは日本語版。

そこでハワイ在住の方なら誰しも知っているとっても便利なものがあるんです。

それが「イエローページズJP」です👇

f:id:kennobuyoshi:20180418072407j:plain

 これには筆記試験の英語版だけでなく日本語版も載っているんです!一部抜粋するとこんな感じです👇 

f:id:kennobuyoshi:20180418072343j:plain

しかも回答付きなんです!うわー。便利だ。ありがとう!ありがとう!これで試験対策も万全だ!

 

ちなみにこのイエローページズJPは運転免許だけでなく、医療、郵便、保険、税金、学校などなど暮らしに関することが日本語で網羅されています。

フリーなのもありがたい!

 

あとはいつ行くかだよなー。ぶっちゃげ9月までは猶予あるんだよな。

仕事もあるし・・・。なんが試験場すごく並ぶみたいだし・・・。

以前に州ID取りに行った時と同じラインにまた並ぶんだよなぁ。

州ID取得記事はこちら👇

ハワイ州の州ID(ステートID)の申請に行ってきました&ゲットしました! - ハワイの虹の端っこで

 

って言ってるとまた行かなくなる!

とりあえず勉強だー!勉強しちゃえば、忘れるの怖くて試験行くだろう!たぶん。

 

ということで、いつになるやらです。

それでは、また。まはろー。

 

追記:続きはこちら👇

www.overtherainbow.space