ブログタイトル

ハワイで家族でサーフィンレッスン第2弾!【子連れでサーフィンレッスンしてみませんか?】

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

私たちがハワイで是非とも習得したいもの、それはサーフィンです。遡ること3ヶ月前、2月に私、妻、7歳娘と3人でサーフィンの初めてレッスンに参加しました。その時の記事です👇

www.overtherainbow.space

 

この時に先生に「4回ぐらい参加してくれれば、独り立ちできると思うよ」とのアドバイスをいただき、忘れないうちに早めに2回目を参加しよう!と家族で意気込んでいたのですが、なんだか2月〜3月は雨続き。おまけに肌寒いし・・・。4月に入ると仕事が慌ただしくなりなかなか行く機会に恵まれず・・・。

 

で、5月になりやっとこさいけそうな日があったので、速攻で予約!

今回は家族でサーフレッスンの第2弾です!

 

さぁ、申し込みをして参加です!

今回も前回と同じサーフレッスンスクールに申し込みしました。AMP(アンプ)サーフハワイさんです。

www.ampsurf.biz

ネットから予約できます!(詳しくは前回の記事をご参照ください!)待ち合わせ場所と時間を確認したらあとは当日を待つだけ。楽しみだなぁ〜。

 

さてさて、当日です。待ち合わせ場所でピックアップしてもらい練習場所へ。今回も練習場所はアラモアナビーチの東側です。

f:id:kennobuyoshi:20180523105112j:plain

まず、前回同様、陸地で立ち方の練習をします。娘は覚えていたようで、先生の指示に通りきちんとできています。私たち夫婦も再確認ができたぞ!

 

さぁ、海へ!

レンタルのボードに乗っり、パドリングをして沖合まで出ます!娘はボードに乗ったらお兄さんが押して沖合まで運んでくれています。前回と同じお兄さんでとても優しい方なので娘はとても嬉しそうです。

 

ポイントに着くといよいよ一人ずつ順番に波乗りの練習です。今回も最初は前回同様、先生が波に合わせて押し出しくれて、立つタイミングを大きな声で指示してくれます。

最初は私、次に妻。

 

おーー!乗れるぢゃないか!

こんなイメージ(私じゃないよ!フリー素材でイメージに近いの探したのよ👇)

f:id:kennobuyoshi:20180523105108j:plain

 

続いて娘。娘も先生が波に合わせ押し出してくれますが、もう一人の先生が先にサーフィンが終わるあたりで待機してくれているので、もし、ボードから落ちてしまった時も安心です。さて、娘、

 

娘も、できてるぢゃないか!

f:id:kennobuyoshi:20180206052829j:plain

 

ちょっとおっかなびっくりだけど形にはなっています。

 

順番に繰り返していきますが、先生が一人一人、改善点を毎回教えてくれます。アドバイスがとても的確なので、自分でも一つ一つ身についてることが実感できます!

 特に娘には、丁寧に優しく教えてくれるので、娘はアドバイス通りやろうという意気込みを感じられ真剣に練習しています。

 

娘は日本でいた頃は海で泳ぐ機会がほとんどなかったので、海を怖がっていました。でもハワイに来てからは海でどんどん泳がせているので、海への恐怖心は全くなくなり、むしろ大好きになりました。

先生もそれはとてもいいことで大事なことですって言ってくれました!楽しくないと上達しなし、そもそもやりたくないなくなっちゃいますもんね!

 

暫くすると練習は次のステップにすすめました。パドリングをして波の流れに合わせる練習です。

こんなイメージ(妻じゃないよ!フリー素材でイメージに近いの探したのよ👇)

f:id:kennobuyoshi:20180523110530j:plain

 

先生の指示でパドリングを始め、波に乗ったら立つという練習です。なんだかいよいよ本格的になってきました!

 

繰り返し練習を続け、海に入ってから約1時間半くらいといったところでしょうか。集中力がなくなってきて調子が落ちてきました。するとちょうどそのころがレッスン終了時間です。先生曰く、やっぱりこのくらいの時間が初心者は限界で、集中力が切れてしまうそうです。なるほどー。

 

今回でまたステップアップして、娘もとても楽しかったとのこと。やっぱり家族で同じことをするって楽しいです!

今後の予定は?

波待ちをしている間に、今後も家族で続けていきたいのだがどういう進め方がいいか聞いたところ、やはりもう少しきちんとレッスンを受けた方がよく、本格的に続けたいなら自分にあったボードで練習した方が良いとのこと。

 

AMPさんはボードの製作もしており、置き場所がなかったら預かってくれて、練習の時は持ってきてくれるとのこと。うーん。魅力的。「趣味サーフォン」とか履歴書に書けそう。かっこいい。

まいぼーどかぁ。いいなぁ。

f:id:kennobuyoshi:20180523105105j:plain

 

でも、お高いんでしょう?

金額聞いたらびっくりしちゃったりしないかなぁ。

f:id:kennobuyoshi:20180523110953j:plain

 

家に帰ったあと、ブツブツとでも、お高いんでしょう?」を繰り返していると、妻が「家族共通の趣味が持てるなら、そういう出費はなんとかしよう!」と神発言。娘もサーフィンが楽しいと言っているので、これはいよいよ本腰入れて取り組もうかと現在、家族会議中です!

 

ということで、今回も楽しく練習ができました。これからは「体験」から本格的な「練習」だという意識をもってサーフィンに向かい合って、めざすはまず、独り立ち!そんな気持ちが芽生えてきました!

結構ビビリ「サーフィンなんかできねぇよなぁ」とずっと思っていた私ですが、AMPの皆さんのアドバイスもあって「できるかも!」「本気でやってみよう!」と思いました!

 

娘が大きくなって(生意気になったとしても)サーフィンという共通の趣味があれば、一緒に海に行く口実と機会ができるかなーとか考えみたり。

おとうさんがナイスガイなサーファーになれば、娘もうれしかろー。

ナイスガイなおじさまになるのだ!岩城滉一のように。

f:id:kennobuyoshi:20180523112323j:plain

(写真:岩城滉一 | A-Team.Inc(エーチーム)より)

 

そしてカレーの辛さにこだわるにもなりたい。「ジャワカレー」のアイコンは反町隆史ではなく、断然、岩城滉一の私である。

 

また、第3弾をあげます!家族でサーフィンまったりですが進行中です!

 

ということでまた。まはろー。