ブログタイトル

サワーソップ。ハワイで未知の果物に挑戦する。失敗と成功のお話。

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

先日、ハワイのオーガニックスーパーに行った記事を書きました。

www.overtherainbow.space

その時に、サワーソップという果物を購入してきました。今回はそのサワーソップについてご紹介したいと思います。

 

サワーソップって???

サワーソップ。 サワーサップとも言うらしい。発音の違いかな?サワーソップは果物です。怪力の男の親戚ではありません。

f:id:kennobuyoshi:20180523143818j:plain

 (写真:Bob Sapp ボブ サップ (@BobSappMMA) | Twitterより引用)

 

サワーソップはこんな果物です👇なんとなくボブサップに近いビジュアルですねー。でも親戚ではないですよ。

f:id:kennobuyoshi:20180523143752j:plain

 

サワーソップは北米、中米、南米、カリブ海を原産とする植物だそうです。日本語ではトゲバンレイシシャシャップという。シャシャップなんて「プ」しかあってないやん。と突っ込みたくなります。

 

さて、このサワーサップ「イチゴとパイナップルを組み合わせた、ヨーグルトのような香りと味」という複雑な味の果物です。

日本では見たことがない果物だったので、以前から気にはなっていたのですが、前述の通り、ダウントゥアースに行ったので、せっかくだから購入してみました!

 

Sの悲劇 

さて、ダウントゥアースのサワーサップ。1個8ドルもした。高い・・・。しかし、ダウントゥアースだ。きっととっても美味しいのを自身もって提供してくれているのだろう。なんせ8ドルだからね。

f:id:kennobuyoshi:20180523143752j:plain

 

しかし、買ったのはいいが、食べごろが全くわからない。お店のスタッフのに聞いてくればよかった。握ってみると硬い。トゲトゲが痛い。やはり柔らかくなって熟してきた頃が食べごろなのかな?でもそもそも柔らかくなるのか?それさえもわからない。

 

仕方ないので、食べごろをネットで調べようかと思っていたところ「エーーイ!」と妻が切ってしまう。きった断片を見てみると・・・

 

 見るからに硬そう・・・。

 

食す。やっぱり硬い・・・。

 

ほらー。やっぱりまだ熟してないんだよー。どうしよう?ラップして冷蔵庫入れれば熟すかな。ほら、メロンとかラップして冷蔵庫入れとくと熟すじゃん。

 

ネットで「サワーサップ 間違えて切った 熟させる」とか訳のわからないキーワードで検索するが、もちろんヒットせず・・・。

 

仕方ないので、メロンや、パイナップルなど調べる。どうやら、メロンやマンゴーは切ったあとも成熟するけど、パイナップルはしないらしい。

 

じゃ、サワーサップはどっちなんだ?どっちに近いんだ?「パイナップルのような〜」という触れ込みなのできっとパイナップル寄りなのか?君は。はっ!まっ、まさかボブサップ寄りか!?

 

とくだらないことを言いながら仕方ないので、ラップで包んで、2、3日置いておくことにした。

f:id:kennobuyoshi:20180523143807j:plain

 

そして3日後。恐る恐るラップをとってみると、

 

あ”ーーーーーー、

茶色くカチカチになっちゃった・・・。

 

これは写真にアップするような状態じゃないな💦完全に大失敗。食べどきを誤り、全く食すことが出来なかった。

 

あ”ーーー!ダウントゥアースの8ドルもしたサワーサップが・・・。

 

すまん、私たちのミスで・・・。この悲劇を「Sの悲劇」と命名して我が家で語り継ぐことにするよ。合掌。

 

リベンジ! 

「Sの悲劇」から数週間後・・・。ついにリベンジの時がきた!

そう、ファーマーズマケーットでお見かけしたのだ。サワーソップ君を。1個3ドル。うーむやはり「ダウントゥアースはお高いんだなぁ」と再確認。

 

今回はちゃんと店のおじさんに食べごろのサワーサップを選んでもらう。よし。準備は万全だ!

f:id:kennobuyoshi:20180523143820j:plain

 

硬さはどうなんだろう?そんなに熟して柔らかいって感じではないな。十分硬いよ。もっと置いとくと熟してグニャってなるのかな?

でも店のおじちゃんを信じて、「エーーイ」とカットする!

f:id:kennobuyoshi:20180523143743j:plain

 

前回より柔らかそう。実際、触ってみると柔らかい。では実食。

 

食す。うーーむ。

 

まず感じるのが、酸味。思ったより酸味があるかな。食感は柔らかいパイナップルって感じ。パイナプルって繊維があるじゃないですか。あの繊維がありつつ柔らかく「ヨーグルトのような酸味」がある感じ。香りはマンゴスチンのような華やかな南方系の果物の香りがする。

 

私は細かく切ってちょっとずつ食べる分には美味しいと思う。でも試しに半分かぶりついてみたんだけど、一度にたくさんはダメだ。味が濃すぎてごゆい。

 

ちょっと今まで味わったことのない果物の味で、脳がどう処理していいかわからなくて困ってる感じ。私は昔、家族でよくバリ島に行っていたので、南方系の果物も結構色々食べてきたけど、これはあんまし出会ったことがない味だなぁ。

 

妻はおいしいらしく、食べ慣れたら癖になりそうとのこと。娘は一口食べてダメでした。ビジュアル的に可愛くないらしい。ちなみに娘はボブサップは可愛いらしい。海老蔵松山千春も可愛いらしいので、どうやらスキンヘッドは可愛いカテゴリーらしい。

 

その後、食べやすい大きさに切って、冷蔵庫で冷やしたサワーサップをちまちま食べていましたが、冷やした方が美味しい。やはり妻が言うにはこれは癖になる果物だ。ハマりそうとのこと。確かに冷やしたら、食べやすくおいしい。私でも美味しく食べられました。

しかし、まぁ十分リベンジできたました。3ドルなら買ってもいいかな。他で代わりの効かない味だし。たまに無性に食べたくなりそうだ。

 

以上、未知の果物サワーサップのご紹介でした。

 

ということで、また。まはろー。