ブログタイトル

ハワイでアボガドの水栽培をしてみる①

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

我が家ではパイナップルの水栽培をしています。

www.overtherainbow.space

娘も夏休みに入ったので、パイナップル以外にも育ててみたいなーと思い立つ。ほら、日本では小学生は「あさがお」を育てるでしょー。栽培こそ夏休みのザ・情操教育だ!

ということでアボガドの水栽培に挑戦してみようと思いました!

 

 

アボガド栽培の悲しい記憶

f:id:kennobuyoshi:20180604120055j:plain

実は日本でいた頃、アボガドの水栽培に2度挑戦したことがあるんです。しかし・・・、なにが原因なのか2回とも芽さえ出なかったんですよ・・・。

 

最初は近所のスーパーで買った物。時期は忘れました。寒い時期ではなかったと思います。2度目は奮発してなんと紀ノ国屋のアボガドで実行。

なぜ紀ノ国屋かというと野菜・果物といえば紀ノ国屋と思っていたから。そう、紀ノ国屋は学生の頃からの憧れ。だってハルキ・ムラカミがゆーてたから。

 

でも僕は紀ノ国屋で買い物するのが好きだ。馬鹿気た話だけど、ここの店のレタスがいちばん長持ちするのだ。どうしてかはわからない。でもそうなのだ。閉店後にレタスを集めて特殊な訓練をしているのかもしれない。もしそうだとしても僕は全然驚かない。高度資本主義世界ではいろんなことが可能なのだ。

【(村上春樹ダンス・ダンス・ダンス』より】

 

学生の頃、しゃれおつな日々を送る村上春樹の小説の「僕」に憧れたよ。わたしゃ。でも実際、紀ノ国屋行って野菜や果物を手に取るとしみじみ「高けぇーーなぁーー」って思ったけどね。これが現実ってやつよ。あっ!もちろん紀ノ国屋の野菜や果物、それはそれはほんっっとーに美味しい!しかも何より美しい!

 

で、その調教された紀ノ国屋のアボガドを大変美味しく頂いた後、水栽培したのですが、なぜかやっぱり芽が出ない・・・。これまた原因不明。

 

なので過去の悲しい思い出を糧に、今度こそ芽を出させてやると意気込んでの栽培開始です!

 

アボガド水栽培方法

まず、アボガドの種を取り出して綺麗に水洗いします。

f:id:kennobuyoshi:20180604120048j:plain

 

容器はなんでも良いのである。私はプリンの空き容器を使用。

f:id:kennobuyoshi:20180604120039j:plain

 

そして爪楊枝を3本用意(写真ピンボケしてるね💦)

f:id:kennobuyoshi:20180604120032j:plain

 

アボガドに爪楊枝を刺す!1/2~1/3くらいアボガドが沈むくらいの位置が良い!

f:id:kennobuyoshi:20180604120024j:plain

 

ためらうことなく3本次々と刺す私。そしてプリンの容器にそっと置いてみると・・・、

 

あっ・・・。あんまし浸ってないし・・・。

 

どっ どうしよう。もっと高い位置に刺し直したほうがいいかな?

うろたえてる私の姿をよそに、娘が

 

「水を多く入れればいいんぢゃない?」

 

うーーむ。冷静だ。娘よ。グッドである。水を足したら解決しました。

 

さて、あとはこのアボガドの命名式をしなくては。娘と厳正なる審査をした結果、名前はあぼちゃんに決定。結構普通だな。カタカナにするとアボチャン

なんかコボチャンみたいだ。刈り上げの男子に育たなければいいが・・・。

 

ということで、我が家の一員となったあぼちゃん。芽を出すでしょーか!?

 

f:id:kennobuyoshi:20180604120145j:plain

 

続編がアップできますよーに。

 

それでは、また。まはろー。

 

追記:この記事の2ヶ月後、どうなったかっていう続きの記事です👇

www.overtherainbow.space