ブログタイトル

「パーヴェ・ドーナッツ・ショップ」 〜ハワイのおすすめドーナッツ屋さん〜 

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

先日、地元の友人と話していたところ「アラモアナショッピングセンターの近くに日系スーパーのニジヤマーケットあるじゃん。あの近くに美味しいドーナッツ屋があるんだよ!内装が可愛いからきっと娘さんも喜ぶよ!」と教えてもらいました。ドーナツ好きの私としてはそりゃ行かにゃならん!ということで家族を連れて行ってきました!

あっ!ドーナツ屋の名前はパーヴェ・ドーナッツ・ショップ(Purvè Donut Shop)です!

 

 

パーヴェ・ドーナッツ・ショップの営業時間・場所

営業時間

パーヴェ・ドーナツ・ショップ の営業時間は基本的に年中無休で6時〜14時までです。朝は早くからやってるんですね。14時で閉まっちゃうので、「アラモアナで買い物帰りに行こうかな?」と思っている人は早く閉まるので注意です!

 

場所

場所はココ👇アラモアナショッピングセンターの近くです。

 

それでは行ってみましょー!駐車場の有無がわからなかったので、アラモアナショッピングセンターに車を停めて歩いて行くことに。友人曰く「タコみたいなウォール・アートがあるからそこを曲がれ」とのこと。おー!それらしいのが見つかったぞ。

f:id:kennobuyoshi:20180619095304j:plain

 

信号を渡って近くまで来ると、あー確かにタコっぽい。というか火星人っぽいな。さて、この道に入って行くようだが、曲がると

f:id:kennobuyoshi:20180618093701j:plain

 

なんか道がめっちゃ殺風景なんですけど・・・・。

f:id:kennobuyoshi:20180618094529j:plain

 

で店は右手の緑の2階立ての建物みたいだし、手前は大きいゴルフショップだし。大丈夫だろう。夜なら絶対入らないけどね。

さて、この建物の2階ということだが。入り口が見つからん・・・

f:id:kennobuyoshi:20180618094519j:plain

 

もしかしてここからあがるのかな?家族連れの車が登ってったから、駐車場だろう。と思ってたら「入口は上」っていう看板が出てた。登ってみる。

f:id:kennobuyoshi:20180618094538j:plain

 

登っていくと・・・、しゃれおつな建物があるではないか!

f:id:kennobuyoshi:20180618094120j:plain

 

あった!あった!席もあるようだし、買って食べられそう。

f:id:kennobuyoshi:20180618094039j:plain

 

どうやらここが入り口のようだ。

f:id:kennobuyoshi:20180618093722j:plain

 

2階にこんなおしゃれな空間があろうとは。車で来れば2階の駐車場に直で来られるので、車で来た方が楽だし安全だしいいな。次回からそうしよう。

とうことで、店内へ!

 

店内はポップ!そしてイケメンも!

店内は友人が言ってた通りポップでかわいい!しかし、ユニコーンのおしりからドーナツが降ってくるとは、なかなか斬新だわな。

f:id:kennobuyoshi:20180619101403j:plain

 

レジ横にはドーナツ君もいた!

f:id:kennobuyoshi:20180618094329j:plain

 

さて、注文の仕方ですが、ドーナツの見本を見ながら注文表に個数を書き入れるだけです。簡単!

f:id:kennobuyoshi:20180618094340j:plain

 

オーダー表は見本の左側から順に書いてあります。ほしい商品に個数を書き入れます。ちなみにお値段は1コ3.25ドル/6コ以上 3ドル/12個以上 2.75ドルです。たくさん買えばそれだけお得に!

f:id:kennobuyoshi:20180618094501j:plain

 

書けたらレジへ持っていきます。 

f:id:kennobuyoshi:20180619101413j:plain

 

ドリンクも扱ってます。ドリンクは口頭で。ちなみにカイコーヒーはワイキキビーチのハイアットリージェンシーに店を構えるお店です。そこのコーヒーのようですね。

f:id:kennobuyoshi:20180618094112j:plain

 

さぁ、注文が終わりました。すると注文してから作り始めているではないか!「できたて」が食べられるということですな!これはうれしい!

 

生地の材料をこねて機械にいれると「うに〜〜〜」とドーナツ状になって出てきます。

f:id:kennobuyoshi:20180618094320j:plain

 

油のプールを泳いでコンベアーで坂道を登りドーナツが姿を現した!

f:id:kennobuyoshi:20180618093734j:plain

 

最後は手作業で味付けをします。それにしても店のにいちゃんたち、イケメンでしかもマッチョだな。マッチョのイケメンが慎重にドーナツを扱っている様をとても楽しそうに見ている妻そりゃなかなか見られない光景だよね。

娘も製作過程がガラス越しに見られるのでとても楽しそう。娘にとって「神楽坂のペコちゃん焼」以来の感動である。イケメンも娘に笑顔で応対。作業員の笑顔も「神楽坂のペコちゃん焼」のお姉さん以来の感動である。

f:id:kennobuyoshi:20180618094103j:plain

 

さぁ、できました!コーヒーと一緒に店の前のテーブルででいただきます。 

f:id:kennobuyoshi:20180618093753j:plain

 

私はチョコミント味。うわー、あったかくてふわふわでおいし〜。チョコミントって爽やかすぎることありません?ここのチョコミントはクール抑えめで美味しい。

f:id:kennobuyoshi:20180618094053j:plain

 

娘はチョコとマシュマロ。溶けたマシュマロのくまちゃんが刺さってます。娘よ、ちゃんとブログ映えするものを注文するとは、親孝行者よのぅ。味は…これはやばい!溶けたマシュマロがチョコドーナツと交わっておいしー。

f:id:kennobuyoshi:20180618093743j:plain

 

妻はチョコ&コーヒー。散々迷った挙句、わりとオーソドックスなものを選ぶ妻。おかしいな、妻はこういう時は変わったものを注文するんだが。味はコーヒーのビターが効いてて大人味とのこと。ここにきて突然の”大人アピール”は彼女なりのイケメンに対するアピールなのであろう。勝手にそういうことにしておく。

f:id:kennobuyoshi:20180618094509j:plain

 

そして抹茶はみんなでいただきます。うーむ、私はこれが一番好き!妻もこれが一番好きとのこと。苦味の少ない抹茶はここのドーナツ生地によく合ってる。上手に和洋折衷ができてます。よいよい。

f:id:kennobuyoshi:20180618094351j:plain

 

うわー。満足した。コーヒーも美味しいし、今度誰か日本から遊びにきた時、絶対連れてこよっと。1ダズンで1コ2.75ドルなら手土産にもいい!

あとなにより満足したのは店のいけめんずがとっても優しくて、ドーナツ作成中に娘に笑いかけてくれたり、帰りには笑顔で手を振ってくれたり。

それにテーブルで食べてたら、お皿と小さいナイフとナプキンを持ってきてくれたりと心配りもあり、

 

最近の若いのにしちゃぁ、よくできた子じゃのー

 

と妻とつくづく感心しましたよ。

 

それにしても、イケメンマッチョに笑顔で手を振ってもらうなんて・・・。「六本木だといくらかかるのかしら?」じゃない、「なかなかイイモノダナー」と妙な満足感も味わうことができました。

 

食べ終わって帰る時、娘が「おしいかったって兄さんに伝えたい」と言いだして、もう一度店に入って伝えたところ、にいちゃんたち喜んでいました。

東京でいた頃はシャイだった娘もハワイに来てから、アメリカンな積極性でてきてパパはびっくりだよ。

「必ずまたくるね〜。」と約束をして、家族みんな大満足で家路につきました。

 

ぜひみなさんもできたてのドーナッツとやさしいイケメンに会いに行ってみてください!でも、大通りから一本入るので、周囲に気を配って行ってくださいね!

 

ということで、また。まはろー。