ブログタイトル

ハワイのワイキキ水族館に行ってきた!サンゴに巨大シャコ貝!見所満載!

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

前から娘に「行きたい!行きたい!」とせがまれていたワイキキ水族館。今回、日本から遊びにきていた姉とともに行ってきましたので、ご紹介いたします!子連れはもちろん、カップルにもオススメのスポットです!

 

 

ワイキキ水族館へのアクセス

ワイキキ水族館へは、観光の中心カラカウア通りを東に進んだカピオラニ公園内にあります。アクセスに便利な立地ですね!

 

ワイキキビーチのデューク・カハナモク像から東(ダイヤモンド・ヘッド方向)に進むと左右に道が分かれます。このまま真っ直ぐ右の道を進んでいきます。

f:id:kennobuyoshi:20180630113413j:plain

 

歩道をずんずん進んでいくと、2〜3分で

f:id:kennobuyoshi:20180630113430j:plain

 

ワイキキ水族館に着きました!

f:id:kennobuyoshi:20180630113445j:plain

 

この距離なら例えば、カラカウア通りの観光の中心のロイヤル・ハワイアン・センターやインターナショナル・マーケット・プレイスからでも歩いてこれます。ベビーカーでも十分これる距離です!

 

ちなみに車で来る場合は、水族館の駐車場はとても小さいです(2時間まで無料)。通りの向かいにメーター式の路上駐車場があります。ただ、日中はそちらも混み合います。

 

ワイキキ水族館の営業時間と料金

ワイキキ水族館の営業時間は9時〜16時30分です。

休館日はクリスマスホノルルマラソン当日です。また、元旦は11時〜16時30分、サンクスギビングデーは9時〜14時30分と変則にな李ます。

 

料金は大人12ドル子ども(4歳〜13歳)は6ドル3歳以下は無料です。

また、シニア(65歳以上)は5ドル、カマアイナ料金(居住者)は8ドルです。

 

さぁ水族館へ

水族館はこんな感じ。小規模ですね。神奈川の箱根にある箱根園水族館くらいの広さかなと。ちなみのこの水族館、できたのは1904年でアメリカでは2番目に古い公立の水族館なんだって。すごい。

f:id:kennobuyoshi:20180630112941j:plain

 

受付で料金を支払って、いざ展示を見に。いきなりこの水族館の目玉のサンゴから。楽しみ!

f:id:kennobuyoshi:20180630112827j:plain

 

うわぁ!デカイ。ブロッコリーみたい。

f:id:kennobuyoshi:20180630112805j:plain

 

みんな生き生きして見えます!

f:id:kennobuyoshi:20180630112815j:plain

 

で、この水族館目玉のひとつGIANT CLAM。巨大シャコガイ

ほんとでかいな。これ思わず「うぁ〜〜!」って声がでてしまう。しばらく見ていると、来る人来る人「うぁ〜〜!」って同じ反応で面白い。このシャコ貝、生きてるのでは世界一の大きさなんだって!

f:id:kennobuyoshi:20180630112756j:plain

 

写真の他にもこの水槽にはタツノオトシゴがこれでもかといる。こんなにたくさん一度に見たのは初めてだ。

f:id:kennobuyoshi:20180630113001j:plain

 

魚も熱帯魚からデカイのまでいます。

f:id:kennobuyoshi:20180630113011j:plain

 

個人的に一番好きだったやつ👇

f:id:kennobuyoshi:20180630113021j:plain

 

 名前がCUSHION SEASTER(クッション・シースター)だって。クッションというより座布団みたいだ。ぷぷぷ。かわいくて持って帰りたい。何考えて生きているんだとうなぁ。聞いてみたい!「うーん、段差が嫌だけど動くの面倒だなぁ」とか考えてそう(笑)

 

屋内展示を見終えると今度は外に。あー気持ちいい。

f:id:kennobuyoshi:20180630113154j:plain

 

外にもお魚いっぱい。真上から魚がみれるので面白い!

f:id:kennobuyoshi:20180630113143j:plain

 

で、この水族館最大の目玉であるハワイ固有のアザラシ「ハワイアン・モンクシール」

絶滅危惧種であるこのアザラシはぜひ見ておかないと! と思ったら・・・

 

f:id:kennobuyoshi:20180630113125j:plain

 

改装中でいらっしゃらない!

 

ぐぬぬ。残念。いつか次来る時のお楽しみにとっておこう。

 

最後の展示はサンゴや貝を「育て中」の水槽。なんか趣向を凝らした展示してますね。盆栽を意識しているのか?

f:id:kennobuyoshi:20180630113114j:plain

 

ここにはすくすくと現在発育中のシャコ貝さんが!この大きさでも泳いでて足元にいたら気絶するかも💦

f:id:kennobuyoshi:20180630113101j:plain

 

水族館のルート最後の定番、お土産やさん。いや、アメリカ人の色づかいは理解できん。棚にはピンクのアザラシ。手にしているのは色以前に何の生物かわからんぬいぐるみ。でも娘が「かわいいー!」とかいってる・・・。

このままアメリカンなセンスになってしまわぬように、すみっこぐらしぐでたまなどのサンリオ商品をたくさん見せとかないと。

f:id:kennobuyoshi:20180630113506j:plain

 

これもアメリカ人の好きそうやねー。これで娘と散々遊びました。買わなかったけど。ゴメンナサイ。

f:id:kennobuyoshi:20180630113517j:plain

 

いやいや、楽しかったー!小さいと思って侮ってたけど、その展示の独創性、なかなか見ることができないハワイ固有種など見所たくさんでした。ゆっくり見ても1時間くらいだと思います。

 

お子さんがショッピングも飽きちゃった時とかに「明日、水族館連れてってあげるから、今日は買い物付き合って!」というのにも使えますよ!

 

水族館にはレストランやカフェは併設されていないので、帰りに疲れたら以前ブログで取り上げたベアフット ビーチ カフェがすぐ近くなので寄ってみてもいいかもです!

www.overtherainbow.space

 

アザラシを見にまた来るぞー!シャコ貝くんももっともっと大きく育ってねー!

 

ということで、また。まはろー。