ブログタイトル

マイフェイバレットNO.1&思い出の店「トニー・ローマ」ワイキキ店  ハワイで美味しいリブを召し上がれ!

}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

皆さんには「思い出の店」はありますか?家族でよく行った店、旅先で出会った店、初めてデートで行った店。思い出の店は人ぞれぞれ。

私の思い出の店はトニー・ローマというお店です。

仕事が猛烈に忙しかった父との思い出はそう多くはないのですが、小さい頃によく連れて行ってくれたのを昨日のことのように覚えています。

誕生日にはリクエストをして毎年連れて行ってもらい、私の初めてのお給料で母にご馳走したのもトニー・ローマ でした。

そんな思い出のトニー・ローマがワイキキにもあるということを知り、ちょっとした記念日ということもあって、家族でディナーに行くことにしました。

 

 

トニー・ローマって?

まずはトニー・ローマについて簡単にご紹介。

トニーローマはバーベキューリブの店です。トニー・ローマ さんとデビット・スミスさんによって1972年にフロリダにオープンしました。

我が神、トニーローマ さん。笑顔が素敵。

f:id:kennobuyoshi:20190608062209j:plain

写真引用:HISTORY | トニーローマ公式サイト - Tony Roma's Japan Official Website

1987年に「全米リブコンテスト」で優勝、全米ナンバーワンの栄冠にも輝いています。

アメリカでは「バーベキューリブといえばトニーローマ 」ってくらい歴史と知名度を誇り、世界33カ国に約200店、日本には1978年に東京千代田区三番町に1号店がオープンして、日本には現在8店舗あります。

私の両親が80年代によく連れて行ってくれたのがこの三番町店でした(歳がバレるかな💦)。

母は青山店によく連れて行ってくれました。青山店も思い出の店だったのですが、残念ながら数年前にビル改装に伴い閉店してしましました。

そんな思い出深いトニー・ローマですが、もちろんめちゃめちゃ美味しいんです!

「もし死ぬ前に一品食べるとしたら?」と聞かれたら、私は迷わずここのリブを懇願します。 そしてもしお情けでサイドメニューOKなら、ここのオニオンローフを懇願します。 

だめだ、思い出すだけでヨダレが出てきた・・・。お店のレポートに移りましょう!

いざ店へ

家族でカラカウア通りにあるトニー・ローマ に向かいます。

月曜日の17時過ぎ。平日なのでこの時間なら並ばずに入れるでしょう。

f:id:kennobuyoshi:20190608062200j:plain

店内はまだ空いていました。元気なお姉さんに案内されて席に移動です。まだ数組がいるくらいで空いています。

店内は古き良きアメリカンレストランって感じで私は大好きです。ちなみに日本の店舗も同じような雰囲気に作ってあります。

さて、注文ですが子供の頃からずっとオーダーは同じです。いつものってやつです。うふふ。

一つだけ違うのは20歳過ぎた時からビールを頼むってことですかね。バトワイザーを注文。

注文を終えた頃、まだ入店から15分ぐらいしか経ってないけど、どんどんお客さんが入ってきてる。凄い、ハワイでも人気あるんだなー。

料理が来ますよ!

焦らないで!

さぁ!来たぞ!と思ったけど、まずはサービスのパンでした。

f:id:kennobuyoshi:20190608062711j:plain

東京のお店だと薄く切ったフランスパンが出てきますが、こちらはふあふあのパンが出てきました。

あったかくて美味しそう…。これをたっぷりのバターで・・・。

って我慢我慢。アペタイザーを待ちましょう。

フライドオニオン

今度こそきました!まずは「特製フライドオニオンローフ」です!お値段フルサイズで9.99ドルです。

f:id:kennobuyoshi:20190608062702j:plain

うわぁ、素敵だなぁ( ´ ▽ ` )

 

持って帰りたい!

毎日、枕元に置いて寝たい!

 

一通り眺めた後に気持ちを切り替え、豪快にグサっ、グサっと切ります。

では謹んで頂戴いたします。パクリ。

 

ウマーーい!

( ^∀^)/

 

はぁ幸せ。カリカリに揚げた衣とオニオンの甘さ。最高です!

この真ん中にある専用のBBQソースをつけて食べるのですが、私はケチャップをもらって、ドボドボにかけて食べます。

大のケチャップ好きの私ですが、そもそもケッチャプに目覚めたのはこのトニー・ローマのせいでもあります。

 このオニオンローフ、フルサイズだと結構でかいです。大人4人前くらいでしょうか。なので、ハーフサイズもあるのでそちらもオススメです。お値段6.99ドルです。

リブ!

 フライドオニオンと戯れていると、ついについにきました!メインのリブです!

ジャジャーン!!!

f:id:kennobuyoshi:20190608062647j:plain

 こちらが、トニー・ローマの看板メニュー「特製オリジナルベイビーバックリブ(ローマサイズ)」です!ソースはBBQソース!

見てください!この艶!

f:id:kennobuyoshi:20190608062639j:plain

しばらくご無沙汰して申し訳ないねぇ。また会えてよかったよ。ありがとう。

挨拶はそこそこにもう待ちきれない!頂きます!

 

骨からお肉が「ぽろっ」と取れる!

 

ウマーーい!

( ^∀^)/

 

めっちゃやわらか〜い!美味しいよぅ!美味しすぎて涙が出る(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

こちらのリブは豚を使用。ベイビーバックリブとはスペアリブより小ぶりのリブのこと。この大きさが食べやすくていいんですよ!あー美味しい。

ちなみにお値段はハーフ18.99ドル、ローマ(ミドル)25.99ドル、フル29.99ドルです。

女性ならハーフで十分だと思います。男性だとローマサイズでいけるとおもます!

ちなみにもちろん、この豚のリブ以外にも牛ステーキやチキン、メカジキなどもありリブとコンボすることもできます。またハンバーガーも絶品です。

アペタイザーだと人数が多い時は私はスイートチリスパイシーシュリンプというシュリンプカクテルを頼むときがあります。

サラダもデザートもアメリカンサイズで多種あります。

初めてだと本どれも魅了的で迷ってしましますが、やはり特性オリジナルリブがオススメです!

キッズメニューもあり

キッズメニューはこんな感じです👇

f:id:kennobuyoshi:20190608062152j:plain

 

娘もベイビーバックリブにしました!リブ英才教育。

f:id:kennobuyoshi:20190608062654j:plain

可愛い!!!

でもちゃんと大人メニューと同じリブにしてくれています。素晴らしい!

娘もむしゃむしゃと食べています。リブに笑顔、付け合わせのポテトに笑顔、おまけのチョコクッキーにも笑顔です。

いいお店だなぁ。

パクつく娘を微笑ましく見守る。そして、ふと店内を見渡すといつの間にかお店は満席。18時ですがほぼ満員です。

客層は日本人やアジア人は今日はほとんどいないですね。アメリカ人やカナダ人の家族やカップルが多いです。

美味しいリブと飛び交う英語。賑やかで活気があって楽しいです!

f:id:kennobuyoshi:20190608071408j:plain

店員さんも忙しいのに、笑顔でおしぼりを持ってきてくれたり、取り皿持ってきてくれたりと細かい気配りもあって、本当に気持ち良い接客です。

料理はもちろん、店の雰囲気、店員さんすべて大満足です。「思い出の店」としての期待を裏切らないクオリティー、本当にありがとうございます。私は感動してるよ。

これからも古き良きアメリカの雰囲気と味を守ってください。応援しています!

しみじみと

両親に連れて行かれた私が娘を連れてトニー・ローマを訪れ日が来るとは。感慨深いものがありますなぁ。

フライドオニオンローフ&ベイビーバックリブ。我が家の歴史はこのメニューにあると行っても過言ではないであろう。

そしてそれは受け継がれていくだろう。娘よ、頼んだぞ。

とりあえず、わたしゃ死ぬまで通い続けるよ。

ありがとうトニー!これからもヨロシク!

ということで、また。まはろー。

 【ご参考にどうぞ】

〜ワイキキ店アクセス〜

年中無休/営業11時〜23時

 

〜日本のトニーローマ 店舗一覧〜

tonyromas.jp