ブログタイトル

ハワイのクリスマスはベイクドハムを作るんだよ!【作り方紹介!】

}
}

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

ハワイではクリスマス当日はローストビーフやターキーを焼く家庭もありますが、ハムを焼く家庭が多いんです。

 

アメリカのはハムは大きくて最初ビビったんですが、やってみるとまぁ簡単!手軽にできちゃいます。

 

今回は「ハワイでベイクドハムを作ってみるよ」ってことで、作り方をご紹介いたします!

 

 

コレがハムじゃよ

アメリカのローストハム用に肉はですね、日本のお歳暮(ハムの人)のハムをイメージしてはいけません。

 

アメリカのはこんな感じ(゚∀゚ノ)ノ

f:id:kennobuyoshi:20191230094047j:plain

f:id:kennobuyoshi:20191230094100j:plain

 

いやお前でかすぎんだろ!

(((;°Д°;))))

 

これで10lbだから約4.5kg。とってもアンビリーバボーなサイズとなっています。

 

しかもこの日はセールをしていて30$がなんと10$

思わず2つ購入しました\( º∀º )/

 

焼いていくよ

調理前に注意!

さてハムを焼いていくのですが、ここで注意です。ハムには

 

Fully Cooked(調理済み)

Cook Before Eating(要調理)

 

があります。Fully Cooked(調理済み)ってのは加熱調理済みなので、生焼けの心配はなくなります。

 対してCook Before Eating(要調理)はよーく火を通さないといけません。

いざ調理!

調理する2時間に冷蔵庫からハムをだしておきましょー。

 

焼く前に表面にギザギザに切り目(ダイヤモンドの形)を入れて、クローブを刺します。

f:id:kennobuyoshi:20191227191647j:plain

f:id:kennobuyoshi:20191227191658j:plain

 

パイナップルの缶の汁にブラウンシュガーを入れたものを表面に塗っていきます。

ちなみに塗るソースはオレンジジュースだったり、はちみつだったりと色々なレシピがあります。

 

塗れたら325F(160℃)のオーブンでまず15分焼きます。

 

15分後、いったん取り出して刷毛で先ほどのソースを表面に塗って再度オーブンへ入れて、更に15分焼きます。

f:id:kennobuyoshi:20191227191614j:plain

 

15分後、また取り出して刷毛で先ほどのソーストレーの下に溜まったソースを表面に塗って再度オーブンへ。合計4回繰り返します。

f:id:kennobuyoshi:20191227191558j:plain

 

1時間焼いたら完成です!いい色になりました!

ソースは合計15分毎に4回塗るのをわすれずに!

f:id:kennobuyoshi:20191227191536j:plain

ちなみにCook Before Eating(要調理)の場合は、焼き時間がもっと長くなります。肉の中の温度が140F(60℃)になってれば完成です!

 

焼き上がったら20分程放置して肉を休ませてあげましょー。

 

では、切ってみましょー!

f:id:kennobuyoshi:20191227191501j:plain

 

びゅーてぃほー!

 

上手にできました!めちゃめちゃおいしいです!

 

何回も出し入れするから大変そうに思えますが、塗って焼くだけなんでホントに簡単です!ぜひチャレンジしてくてくださーい!

 

ということで、また。まはろー。