ハワイの「ディランズ・キャンディーバー」でキャンディーを詰めよう!

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

ここ数週間、カラカウ通りを車で走っていると外を眺める娘が「キャンディー屋がオープンする!」と連呼する。何度も。

ものすごく連呼するので、どんなお店なのか調べてみた。

どうやらディランズ・キャンディーバー(Dylan’s Candy Barっていうニューヨーク発のお店みたい。

1月16日にハイアット リージェンシーにオープンするらしく、娘は楽しみでしょうがないらしい。

でもさ、カラカウア通りにオープンするんでしょ…?

きっとお高いに違いない(((;°Д°;))))

などど怯えつつも、娘の為だ。行ってやるか!

ってことでオープン間もないディランズ・キャンディーバーに行ってきました!

お店到着!

さぁやってきました。ハイアット・リージェンシーです!
f:id:kennobuyoshi:20200122034743j:plain

カラカウア通り側の入り口と
f:id:kennobuyoshi:20200122034754j:plain

ホテル内側の入り口があります。こっちのほうが装飾がかわいいね。
f:id:kennobuyoshi:20200122035157j:plain

入ってみると…。広い!!!へんなウサギがいるし!
f:id:kennobuyoshi:20200122034805j:plain

とりあえずざっと店内一周してみましょうかね。

店内探検

カラフルなキャンディーやチョコがいっぱい。なんでも7,000種類あるんだってさ。
f:id:kennobuyoshi:20200122034814j:plain

f:id:kennobuyoshi:20200122034826j:plain

カラフルなペロペロキャンディー!
f:id:kennobuyoshi:20200208122029j:plain

グッズもあるね。かわいいカバンは25ドル。
f:id:kennobuyoshi:20200122034836j:plain

かわいいボトルだね!こちらは15ドル。
f:id:kennobuyoshi:20200122034859j:plain

ここではアイスが注文出来るみたい。今日は肌寒いからパスかな(゚∀゚ノ)ノ  次回試して追加アップしまーす。
f:id:kennobuyoshi:20200122034848j:plain

それでは、ここからが本番!キャンディーバーに行ってみましょう!

キャンディーバーのシステム

さてキャンディーバーですが、まずはひときわ目を引くカラフルなバーがあります。
f:id:kennobuyoshi:20200122035145j:plain

さらにこんなタワーが3つあります👇
f:id:kennobuyoshi:20200122034912j:plain

お値段はコチラ。1/2lb(約226g)で7.99ドル。
f:id:kennobuyoshi:20200122044244j:plain

この備え付けのビニールは無料なので、入れた重さで値段がきまります。
f:id:kennobuyoshi:20200122035058j:plain

で、子ども心をくすぐるためにこんなものが用意されています。

これだと容器に詰め放題で12ドルです。
f:id:kennobuyoshi:20200122045107j:plain

容器のみが6ドルなので、入れたほうがお得だね。

ほかにも容器がたくさんあって、それぞれ値段が違います。
f:id:kennobuyoshi:20200122045120j:plain

こんな容器もあるよ。フタに名前やメッセージがあって自由に選べます。
f:id:kennobuyoshi:20200122034945j:plain

f:id:kennobuyoshi:20200122034924j:plain

名前を選べるけど日本人の名前はほとんど無いね・・・。
f:id:kennobuyoshi:20200122034956j:plain

でも大丈夫!日本語の名前が無くてもこんなのがいっぱいるのだ!
f:id:kennobuyoshi:20200122035110j:plain

ベストブラザーだの、アンクルズキャンディーなどバリエーション豊富なので、お土産にもいいですね!

子どもたちが嬉しそうに袋や箱にキャンディーをつめてるのを眺める娘。

しかうちの娘は基本的におねだりはしない子なので、微笑んでその子達を見つめている。さすがにこれは不憫だな…。しかたがない買ってあげよう!

私「今日はせっかくきたから買ってこうか。好きな容器選んで詰めなよ。」

娘「えっ・・。いいの???」

ヤッター٩(๑>◡<๑)۶:

喜んでパイナップルの容器を選んで入れ始める娘。
f:id:kennobuyoshi:20200122035133j:plain

容器には思ったより結構入る。すごい。いろんなのをちょとずつ入れていきます。

それにしても楽しそう(⌒▽⌒)/

そりゃそうだよねー。自分が子供の頃もデパートとかのキャンディーコーナーって別世界のようなワクワクする空間だったもんなー。

お土産にもオススメ

娘が選んでいる間にお土産に良さそうなものを物色する。

カラフルな包装のチョコバーが4個で12ドル。これはバラマキ用お土産によさそうね。
f:id:kennobuyoshi:20200122051716j:plain

f:id:kennobuyoshi:20200122051726j:plain

こちらは高級路線。ゴールドコレクションだって。
f:id:kennobuyoshi:20200122035035j:plain

20ドルくらいのトリュフやナッツチョコがありました。
f:id:kennobuyoshi:20200122052147j:plain

さて、むすめも詰め終わったようなのでお会計。

会計後「have a nice day.」ではなく「have a sweet day!って言って貰えました!

さてコチラが娘が詰めまくったパイナップル。ハワイは袋は有料ですが、可愛かったので一袋購入しました。
f:id:kennobuyoshi:20200122035209j:plain

娘はごきげんです。やっぱキャンディーは子どもを笑顔&元気にしてくれますね!

「何から食べようかな〜」ニコニコで家路につく娘でした!

ということで、また。まはろー。

ハイドロフラスク水筒 18オンス おしゃれマイボトル
created by Rinker
関連記事

こんにちは。ケン・ノブヨシです。 ハロウィンの時期でもハワイは太陽がサンサン。 娘の下校時間の夕方になっても強烈な西日を浴びて「冷たいモノ食べたい!」ってなります。 そんなとき学校帰りにたまに寄るのがワイオラ・シェイブアイ[…]

\つぶやいてます/