「パンの実(ブレッドフルーツ)」を料理してみた!〜ハワイの身近な食材④〜

こんにちは。ケン・ノブヨシです。

みなさん「パンの実」ってご存知ですか?私はハワイに来るまで知りませんでした。

今回は私にとっては未知の食べ物「パンの実」の料理に挑戦したいと思います!

パンの実発見

さて、まずはとにかく「パンの実」を手に入れなくちゃってことで、スーパー「フードランド」の野菜や果物のコーナーに行ってみると、あった!あった!

果物と一緒に置いてありますね。分類は果物なのか?
f:id:kennobuyoshi:20181005112708j:plain

これがパンの実👇
f:id:kennobuyoshi:20181005112647j:plain

値段は1LBで2.99ドル。ハワイのローカル産だ。英語ではBREADFRUITっていうのね。そのまんまやんか。とりあえず今回は初めてなので小さめのを購入。食べてみて家族全員苦手だったら困っちゃうからね💦
f:id:kennobuyoshi:20181005112658j:plain

レジに着いてパンの実を渡すとレジの兄ちゃん、なんか操作画面とにらめっこして悩んでいる。すると私に「あれ?これ名前なんだっけ?」とまさかの逆質問。

とっさのことだったので「ブレッド・・・」としか返答できなかったけど、兄ちゃん「オー!イエース!コレ、トッテモ、ウマイヨ!」とのこと。

後から考えるとたぶんこの兄ちゃん、ローカルは普段はパンの実のことをハワイ語で「ウル」って呼ぶから、きっととっさに英語名が出てこなかったんだろう

さぁ、無事に購入できたので、帰って調理してみましょー!

パンの実を調理する

さぁ、買ってきました。小さめとはいえ大人のこぶし3つ、4つ分はあるでしょうか。これをとりあえず半分に切ってみます。
f:id:kennobuyoshi:20181005112900j:plain

半分に切るとこんな感じ。
f:id:kennobuyoshi:20181005112638j:plain

熟し始めているせいもあって、思ったより水分を含んでいてクリーミーな感じです。名前のとおり確かにパンのような香りが少しします。では調理してみましょうか!

調理①焼いてみる

アルミホイルで巻いてそのままオーブンで350℉、約30分ほど焼きます。本当はバーベキューグリルで焼きたかったのですが、今回はキッチンのオーブンで焼きました。

焼けた!いい香り。香りは焼き上がりのパンのような美味しそうな甘い香りがします。ブレッドフルーツと言われるのがわかります。
f:id:kennobuyoshi:20181005112853j:plain

とりあえず、焼きたてを食べてみましょう!パクリ。うん、うまーい!

こりゃサツマイモの焼き芋だ。でも食感は里芋のように粘り気があるかな。これは芋好きの方は好きかも。でもやっぱり香りはパンです。

おいしいね。これ。焼いただけで十分おいしいよ。バーベキューの時にも、アルミ巻いて置いとくだけだからいいかも。面白いね、この食材。

調理②てんぷらにしてみる

妻の提案で次の日は生のパンの実を切って、てんぷらにしてみました。
f:id:kennobuyoshi:20181005112847j:plain

見かけはポテトのようだな。こいつはどこまで芋に寄ってくるんだパンに寄ってもらいたいのに。では食す。塩でいただきます。うん、うまい!こりゃ、サツマイモのてんぷらだ。香りはパンだけど。普通においしい。

調理法としてはサツマイモが通用する調理法ならOKって感じです。煮物とかもいけそう。パウンドケーキとかスウィーツにも使えそうです!

こちらだとココナッツ煮とかするみたいだから、今度やってみようっと!

パンの木のこと

f:id:kennobuyoshi:20181005112719j:plain

最後に、せっかくなのでパンの木について調べてました。

パンの木はポリネシア原産で、ハワイにはポリネシアはもちろん、ジャマイカ、オセアニアでも食べるそう。一本の木から50〜200個も実が取れて、しかも地域によっては年に3回もとれるんだって!すごいね!

クワ科の常緑樹で木の高さは15メートルほどになって、葉が大きくよく茂るから日陰樹として、公園や庭園、街路樹として植えられるんだって。だからけっこう街中でも見るんですね。

よくハワイアンキルトで見る葉っぱのデザインは、この木の葉がモチーフだそうです。ちなみに初めて作るキルトのモチーフにウルを選ぶと、その人は食べ物に恵まれた裕福な人生を送ることができるとされているそうです。

また、この木は軽いことから、昔のハワイではこの木を使って、サーフボードやカヌーを作ったそうです。

調べてみるとハワイの人にとってとっても身近な植物だということがわかりました。

ハワイの神話ではハワイ四大神のクー神(Kū)の体から生えてきたとるウルことパンの木。クー神のご神徳を頂くつもりでまた次回、食材に感謝しつつ美味しく頂きたいと思います。ごちそうさまでした!

ということで、また。まはろー。

追伸:近所でパンのみ見つけたよ!

近所にパンの木がありました!
パンの木

おっきな実が沢山なっていました!
パンの実

おいしそうだなぁ〜🤤

おまけ:すったもんだの末の購入

このパンの実を購入するまでには、実はちょっとしたすったもんだがありましたので、パンの実購入までのお馬鹿話を最後にお伝えしておきたいと思います。

ある日の車中のこと。 妻が「この前ね、フードランド(スーパー)に行ったら、パンの耳がいっぱい置いてあったよ。」と教えてくれた。

パンの耳。ほう。ハワイでは確かに珍しいね。日本では昔からタダ同然で売ってくれる例のアレね。揚げて砂糖まぶせばおやつ代わりになって食費の助けになるかも。

私は妻に「いいね。今度寄って買ってくるよ。」と返答し、数日後、アラモアナ・ショッピング・センター内のフードランドへ買いに行きました。

「ええと、パンの耳パンの耳。」うーん、見つからない。日本でもパンの耳はレジ前とかパンコーナーの端っことかサブ的な位置に置いてあるもんなー。

仕方ない、店員に聞いてみるか。

私「アノ〜、アイム、ルッキング、フォー、・・・(パンの耳ってなんていうんだ?)

お手上げなので、急いでグーグル翻訳。だけどこれってのが出ない。しょうがないから、グーグルサーチでパンの耳の写真を見せる私。かしこい!

しかし、店員さん「コンナーノ、ウッテヘンヨー」との答え。えー、訳がわからん。仕方ないので妻にラインをして「パンノミミ、ウッテヘンヨー」と送ったら、

パンの実だよ!

だって。そりゃ変だと思ってたんだよ。最初から。パンの耳なんて。でも車中で聞いた時、ふっと、カリッと揚げたパンの耳ラスクが頭に浮かんで、なんの違和感も持たなかったんだよ。こっちでもそういう需要があるんだろうなって。

あ”ー、パンの実か。だったら野菜とか果物コーナーだな。行ってみるべ。

ちなみにさっきの店員とまたすれ違ったけど、「耳」と「実」を間違えたって説明するには、私の英語力では一晩かかりそうなので辞めときました。

パンの実を無事に手に入れてレジに向かう途中、パンの耳と相談した店員が私を見て笑っていたのはいうまでもありません・・・。

お後がよろしいようで。ではでは!

 

 

\つぶやいてます/